実家のお屋敷の不用品回収 

私の実家は築50年の木造建築。祖父母、両親私と弟の6人で住んでいましたが今は両親が2人で住んでいるだけです。もっと遺品整理には神戸の町で行うにはここにもありがちですがとにかく捨てることができず農業も行っていたりしたので本当に多くの不用品が溜まったままになっています。どこかで断捨離をしなければいけないねと話をしていたのですが、両親が健在のうちにと言うことである期間集中して行うことにしました。そこで問題は不用品をどのように処理するかと言うことです。もちろん、リサイクルショップなどで売却できるものは持ち込みましたがほとんどは廃棄するほかありません。神戸の中でも不用品回収の業者がここにはそこで自治体が委託を行っているような不用品回収事業者に連絡をし、日程を決めて引き取りに来てもらうことにしました。もちろんリサイクル券が必要なものなどはあらかじめ相談しリサイクル券を購入しておいたのですが、1日では賄いきれませんでした。どのように廃棄をすれば良いか、持ち込むことができるものはないかなど相談できたので非常に役に立ったと思います。もちろん、この市川市で痛みを極力抑えた胃カメラ検査ならともかなりのコストはかかってしまいましたが、両親が元気なうちにどこかで行わなければならない不用品処理をまとめて行うことができて、非常に良かったと思っています。