実家の断捨離と不用品回収

わたしの実家は築50年以上。とにかく、不用品回収には神戸でもどうしてもといっても農機具を収納する納屋があったり、昔は家族が多かったこともあり、とにかく不要なものが溢れ返っている状態です。そして、今はわたしの両親が二人で住んでいるだけ。もちろん、荷物は減ることもなく、いまだに増えつつある状況です。とにかく、何事も捨てる文化、習慣がなく、どうしてもゴミ屋敷を片付けるには神戸でもここにいつかは使うだろうと、絶対に不要なものも捨てず、たまっていく一方です。流石に私もみかねて、思い切って断捨離を無理やり嫌がる両親を押しきってすすめることにしました。まずは、納屋から。実際に2階に置いたままの段ボール、お風呂リフォームをすると神戸の両親から聞いてからは特にみかん箱や家電品の梱包品、50年近く前のおもちゃ、使わなくなったベッドを解体したもの。どう考えても捨てるほかありません。ということでまずは、これらを不用品回収に出したり、田舎だけに自宅で燃やしたりするところからスタートです。重量にして相当量を処分できました。しかし、神戸からお風呂のリフォーム、リメイクするとまだまだ全体から見ると1%程度。とにかく、定期的に断捨離を継続することが我が家にとり、のちのちプラスにつながるのではないかと思います。もちろん、不用品回収業者さんの力も借りながら、神戸から不用品回収の依頼が届くとここには少しずつですが進めていきたいとかんがえています。